HOME >1.新着情報 >大谷石でピザ窯!!

大谷石でピザ窯!!

2011年1月17日

大谷石ピザ窯施工例

大谷石ピザ窯 

【よくあるお問い合わせとご注意】

良くお問い合わせのある大谷石の耐火性と強度ですが

大谷石は耐火性があるといってもあくまでも

強度がなければ意味がありません。

20、30厚は少しの衝撃でもガラス板のように

割れやすいのできちんとした施工が必要です。

窯では150ミリ厚(ごとう)の塊での組み立てが一般的です。

仕切りや蓋としての使用される場合は60ミリ厚を

使用しているお客さまもいらっしゃいます。

言うまでもなく厚みがあればある程強度は良いです。

お客様により設計、環境、使用頻度等で

異なりますのでご確認の上サイズ(特に厚み)、数量をお考えください。

自然石のためご参考御提案も強度や耐久を弊社で

保証するものではございませんのであくまでも御参考として

御理解いただければと存じます。よろしくお願いいたします。

 

大谷石は耐火性に優れ、遠赤外線効果もありピザ窯や

パン焼きにも使用されています。使い方や頻度、環境にもよりますが

石の厚みはよく塀材で使われている石の厚み

約150ミリ以上あれば長くもつと思われます。

幣社の石は大谷石の中でも荒目系のため固い粒

入っていて大谷石の中でも丈夫な石目として定評がございます。

関連商品、お問い合わせページはこちらから

山南石材店


2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

1.新着情報