HOME >1.新着情報 >大谷石の色合いの移り変わり

大谷石の色合いの移り変わり

2009年5月 5日

大谷石色の変化

大谷石の色合いの移り変わり
採掘後の石をすぐに板材加工した場合
A左:採掘後1週間以内(水分の含んだ状態) 青色
B中央:採掘約1ヶ月後完全乾燥 白系色
C右:採掘約2ヶ月後 乾燥、日焼け 白茶系色
最終的にはB~Cの状態で落ち着きます。
自然石のため大谷石山の層、現場環境によって
異なる場合がございます。
板材は乾燥していないと接着力が弱いので
たいていの場合、乾燥状態で納品されます。
至急の納期でのご注文の場合はAの状態も
ございますので接着面をバーナーなどで暖め
表面だけでも水分を飛ばしていただいての施工を
お勧めいたします。
薄板の場合、天日干し2、3時間で乾燥します。
季節によって紫外線、温度が異なり環境により
変化しますので予めご了承ください。

特に屋外敷き石の場合は直接雨水や汚れも

しみこむので色の変化が予想外の場合がございます。

関連商品、お問い合わせページはこちらから

山南石材店オーラム

 


2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

1.新着情報