HOME >1.新着情報 >大谷石 薪ストーブ回り施工

大谷石 薪ストーブ回り施工

2009年1月28日

大谷石 薪ストーブ回り施工

大谷石 薪ストーブ回り

大谷石 薪ストーブ回り施工

貼り石:薪ストーブ回りでは大谷石とはいえうすい板ですと熱は

伝導しますので躯体が木材のように熱を避けたい物の場合、

貼り石の場合60以上厚手のものでお考えなられることを

お勧めいたします。(ご参考耐火実験)厚み30など薄い板の利点は

送料が安く済むことと加工のしやすさ施工の手軽さがございます。

ただ躯体が不燃性の石膏ボードであれば表面が石の重さでとれることも

生じますのでその裏の真柱までビス止めしてビスの頭を大谷石の粉や

同系色にモルタルなどで埋めてあげることが良いと思われます。

(ビスの穴は貼る前に割れぬように気をつけてま柱の位置を

お考えになり穴をコンクリート用などのドリルで開けておいてください。)

 

関連商品、お問い合わせページはこちらから

山南石材店オーラム

 


2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

1.新着情報