HOME >1.新着情報 >大谷石とピザ釜 耐火性、遠赤外線効果により最高の焼き上がり!

大谷石とピザ釜 耐火性、遠赤外線効果により最高の焼き上がり!

2008年2月23日

大谷石の釜。セカンドライフや、趣味で釜つくりが

多く見られるようになっています。

大谷石の遠赤外線効果で万遍に焼かれるおいしさは格別のようで

屋外での作業と共に楽しみながらピザパーティーも。

大谷石はこうしたところにも活躍しています。

北海道ではピザの発展に力を入れているようで

大谷石がはるばる遠くまで配送されます。

http://blog.goo.ne.jp/tokachipizza

 

 

大谷石販売

釜用では大谷石お勧めの厚さはやはり上記塀材用の150厚(ごとう石)。

試験例:摂氏900度 2分 

大谷石:熱した面は表面が変色する以外変化なし。
外面への伝道温度:25度に過ぎない。

コンクリート:熱した面は変色も粗面となり厚さ4.5cmまでは脆く

「タガネ」を持って砕くこと容易。

外面への伝道温度は12cmのもの90度 、15cmのもの70度に達した。 

(東大工学博士 内田祥三氏)

大谷石板材60なども使われています。

釜の規模、サイズによってもいろいろです。

 

 話題関連お買物ページはこちらから

 

       山南石材店 オーラム

 

 


2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

1.新着情報